横浜市南区 S邸

お客様自身でリフォームをされているS様

「流石に自分では出来ない」そんな時だけ私がお手伝いにいって一緒に家をリフォームしています。

このような形態での工事にも対応しておりますのでご相談ください。

 

今回は屋根工事の紹介です。

 

まずは既存の屋根 よくある一階の屋根に二階のバルコニーが載っているタイプです。

現場に着くとS様の方で手すりまでは解体してありました。

ここから私と二人で進めます。

屋根をめくるともう一回屋根が出てきました。

これはカバー工法という工法で既存屋根に重ねて屋根を被せた跡になります。

トタン屋根をめくると

垂木の登場です。

既存垂木は感覚が455mmピッチでしたがs様の希望で

303ピッチに変更します。

垂木がかかると野地板という下地を張り防水紙を貼ります。

最後に仕上げを葺きこの部分の屋根工事は完了となります。

次回は外壁をS様と一緒に張り進めていく予定です。

S様お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

イツキ建設二代目の大工 齊藤基彦です。 横浜を中心に建設業を営んでおります。 大工歴 2012年~(7年) 趣味 野球 資格 二級建築施工管理技士    第二種電気工事士