泉区 畳からフローロング工事

こちらの現場では畳からフローリングへの工事を行いました。

まずは畳をどかした写真

畳の下のベニヤが見えました。

つづいてフローリングを張るために下地を作っていきます。

根太と呼ばれる材料を303mmピッチでいれていきます。

途中に見える細かい木はパッキンとして床の不陸調整(平にすること)の役割を担います。

根太の上にベニヤをしきその上にフローリングを施工し完成です。

壁際の巾木はフローリングにあわせて塗装しました。


これにて和室の洋室化、畳からフローリングへの工事が完了となります。

工期は2日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ建設二代目の大工 齊藤基彦です。 横浜を中心に建設業を営んでおります。 大工歴 2012年~(7年) 趣味 野球 資格 二級建築施工管理技士    第二種電気工事士