こちらの現場では建具交換、フローリング張り替えを施工しました。

アングルが違いますがまずはビフォー

元和室の為、畳があり枠は木製枠がまわっています。

この枠を撤去し新規建具枠を取り付けます。

そして間仕切りを再び作成しパテをうちます。

このパテ打ちといわれる作業により板同士のつなぎ目を平滑に仕上げてクロスを貼れる状態にします。

一部ベニヤ張りの部分はテレビを吊るための下地となります。

そしてアフター

リビングと同じフロア材をはることでリビングと一室のようなデザインとなりました。

テレビ裏には1部アクセントクロスをはることでメリハリのついた空間となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

イツキ建設二代目の大工 齊藤基彦です。 横浜を中心に建設業を営んでおります。 大工歴 2012年~(7年) 趣味 野球 資格 二級建築施工管理技士    第二種電気工事士